Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

ニュース

ヴァリューズ、Yahoo!かGoogle、検索サイト利用実態レポート発表。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、1ヶ月あたりのキーワード検索回数をYahoo!検索とGoogle検索で各々集計し、男女別や年代別で比較した利用実態レポートを発表しました。

【調査・分析概要】
全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!での検索回数、Googleでの検索回数を集計。男女別や年代別での比較検証を行った。
※検索回数はPCからのアクセスを集計
※男女別、年代別はVALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

【結果サマリー】
◆1ヶ月あたりの検索回数、男性はYahoo!とGoogle利用が半々。女性はYahoo!利用が6割超。
2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!とGoogleそれぞれの検索回数を集計したところ、全体ではYahoo!検索が53.8%、Google検索が46.2%であった。男性はYahoo!検索とGoogle検索の割合が約50%ずつ、女性ではYahoo!検索の割合が高く、61.7%となっている。女性ではYahoo!派の方が優勢とい結果であった。

◆年代別にみると、男女とも20代はGoogleでの検索割合が高い。
年代別でYahoo!とGoogleの検索利用割合を比較すると、20代ではGoogle検索の割合が約60%とYahoo!検索を上回っているが、30代では約半々になり、40代以降ではYahoo!検索の割合が高くなっている。

さらに、男女に分けて年代別にみると、20代男性ではGoogle検索が約65%、Yahoo!検索が約35%と、GoogleがYahoo!の利用を大きく上回っいるが、年代があがるにつれ、Google検索の利用割合は減少し、60代以上の男性では、Yahoo!がGoogleを逆転している。
一方、女性は20代ではYahoo!検索とGoogle検索がほぼ半々であるが、30代以上ではどの年代でもYahoo!の利用が約6割を超え、Googleよりも多くなっている。

検索サイトの利用者特性を踏まえることで、よりターゲットに届きやすいキーワード選定や、クリエイティブ改善につなげることができる可能性もある。

©2015 VALUES, Inc.

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-ニュース