Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

ニュース

LINE、『LINE@』にてワンコインランチ情報誌「ランチパスポート」と提携、店舗情報の相互連携を開始。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」で展開する公開型アカウント「LINE@(ラインアット)」において、株式会社ほっとこうち(本社:高知県高知市、代表取締役社長:小野川 義人)および株式会社エス・ピー・シー(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:岡田 克志)が共同で事業展開するワンコインランチ情報誌「ランチパスポート」と業務提携を行い、両サービス間での店舗情報の相互連携を行うことを発表した。

「LINE@」は、飲食・アパレルなどの実店舗を持つ法人および、メディアや行政などの限定的なユーザーが利用できるビジネスアカウントとして2012年12月にサービスが公開された。その後、2015年2月12日に、実店舗を持たない法人や個人などへの対象拡大も含め、あらゆるユーザーが月額無料で様々な用途で活用できる公開型アカウントとして全面的に刷新・オープン化を実施し、2015年4月末時点での国内累計アカウント数は33万件を突破している。

「ランチパスポート」は、地域ごとにワンコイン(500円(税別))で楽しめるランチ情報をまとめたワンコインランチ情報誌である。2011年4月に発刊された高知版を皮切りに、現在では41都道府県82エリアで発行され、累計掲載店舗10,000店を超え、各地域で売り切れが続出するなど新たなランチ情報媒体として急速に成長している

「LINE@」および「ランチパスポート」は、互いの導入店舗拡充を目的に業務提携を行い、本日発売の「ランチパスポート」高知版を皮切りに、両サービスでの店舗情報の相互連携を全国で順次進めていく。具体的には、1)「ランチパスポート」掲載店舗に対する「LINE@」アカウントおよび「LINEいますぐ予約」の導入促進、2)「ランチパスポート」誌面における、各店舗の「LINE@」アカウント情報掲載を行い、両事業における導入店舗の拡充が図られる。

ユーザーは、各店舗の「LINE@」アカウントと友だちになることで、「LINE@」限定メニューやクーポン・キャンペーン情報などを受け取ることができるようになり、「ランチパスポート」掲載店舗をこれまで以上に便利でお得に利用することができるようなる。また、店舗においては、誌面および「LINE@」を通じてユーザーとの接点を強化することが可能となり、ランチタイムでの新規来店だけでなく、その他の時間帯での来店促進や、リピーター顧客の獲得が期待できる。

「LINE@」を導入している一部飲食店の空席情報がリアルタイムで検索できるサービス「LINEいますぐ予約」において、サービス対応地域が4都府県19エリアに拡大される。これまでサービスに対応していた東京都渋谷・恵比寿・福岡県博多の3エリア*2に加え、新たに東京都(銀座・有楽町・新宿・中目黒・代官山・原宿・池袋・新橋・築地・虎ノ門・赤坂・六本木/12エリア)、大阪府(キタ・ミナミ/2エリア)、高知県(高知市/1エリア)、福岡県(天神/1エリア)の16エリアが対応地域となる。各エリアでの店舗対応を順次進め、5月中に全エリア合計1,000店舗以上が、「LINEいますぐ予約」から検索・予約することができるようになる。
*2:東京都渋谷エリアは2014年11月27日、福岡県博多エリアは2015年2月28日、東京都恵比寿エリアは2015年3月16日よりサービスに対応

同社は、「LINE@」や「LINEいますぐ予約」の事業展開をさらに進め、店舗とユーザーを繋ぐO2Oプラットフォームとしてのサービス拡充を引き続き行っていくとしている。

 
©LINE Corporation

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-ニュース