Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

新着アプリ

奈良県とソフトバンクテレコムとSBクリエイティブとリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ、外国人観光客向け奈良県公式音声ガイドアプリ『Nara Audio Guide』リリースを決定。世界遺産春日大社で3月末まで実証実験を実施 。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

奈良県とソフトバンクグループは、県内観光資源の国内外へのPR活動を強化すべく、IT技術を活用した観光政策の研究を重ねてきたが、今回、研究成果の第一弾として、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒谷 正人、以下「リアライズ・モバイル」)より、外国人観光客向け奈良県公式音声ガイドアプリ『Nara Audio Guide』を、本日よりリリースしたことを発表した。
 
nara

『Nara Audio Guide』は、ある場所に近づくと、スマートフォンに情報がプッシュ通知される Bluetooth®Low Energy(以下 BLE)ビーコンを活用したiBeacon®によるアプリである。まずは、世界遺産に指定されている奈良県の春日大社の協力を得て、2015年1月30日から2015 年3月31日までの期間限定でコンテンツを配信し、外国人観光客が春日大社を観光する際のニーズを探る実証実験を行う。

実証実験では春日大社内に複数のBLEビーコンを設置し、アプリをインストールしたスマートフォンが近づくと自動的に動画が立ち上がり、その場所に関するガイドコンテンツが再生される。ガイドコンテンツは英語・中国語(簡体字)・韓国語の三カ国語に対応している。iBeaconを活用した世界遺産での外国人に特化したガイドアプリは日本初となる。動画では、春日大社の御巫が、BLEビーコンの設置されているガイドポイントと同じ位置に立ち、春日大社のはじまりや参拝の方法、周辺の建物や祭祀の解説を行うもので、神社を知らない外国人観光客が、散策しながらスムースにより詳しく春日大社の歴史・文化を楽しめる内容である。

なお、春日大社境内では公衆無線LANなど通信環境が未整備のため、自分のスマートフォンをWi-Fi接続したい外国人観光客向けにソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:孫 正義、以下「ソフトバンクテレコム」)によるポケットWi-Fiの無料のレンタルサービス、対応端末を持たない外国人観光客に対してはタブレットのレンタルサービスを春日大社車舎(くるまやどり)横のツアーデスクにて実施する。また、機器レンタル受付には株式会社インデンコンサルティングが提供するタブレット型通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」※を導入し、より多くの外国人観光客が楽しめる環境を整備した。

本実証実験により外国人観光客の行動履歴やアンケート結果などを分析し、2015年4月以降に本格的なサービス開始を予定している。今後、春日大社に続いて、東大寺、興福寺など他の観光施設へもガイドスポットやガイドエリアを拡大するほか、アプリのAndroid™搭載スマートフォンへの対応も検討していく。

奈良県とソフトバンクグループ各社は、今後もITによる観光施策について研究を進め、インフラ整備、ソリューション開発、コンテンツ開発・配信など多角的な事業を展開し、世界に向けて奈良県の観光PRを共同で行っていく。

※株式会社インデンコンサルティング(本社:京都市中京区、代表取締役社長 黒松 高弘)が提供するポータブルデバイスのビデオチャット機能を利用した通訳サービスである。日本語と英語・中国語(北京語)・韓国語の各言語の通訳が可能で、オペレーターの顔を見ながら通話が可能なほか、文章をカメラに映すことによりその場で翻訳することもできる。

■実験概要
目的:外国人に奈良県の存在・魅力を知ってもらうことで外国人観光客の増加を狙う
主な検証事項:
・音声ガイドアプリが外国人に取って利便性や魅力を感じられるか
・春日大社のような日本古来の文化遺産に興味や魅力を感じてもらえるか
・音声ガイドコンテンツに興味や魅力を感じるか
・外国人観光客が春日大社や奈良を観光する際のニーズを探る
・スマホアプリでのサービスニーズを探る

■ポケットWi-Fi・タブレットの貸出について
貸出時間:2015年1月30日(金)~2015年3月31日(火)午前9時~午後5時(受付は午後4時まで)
(※但し、春日大社の神事などにより貸し出しできない場合あり。)
貸出場所:春日大社車舎ツアーデスク(奈良市春日野町160春日大社 二之鳥居前)
貸出対象者:個人の外国人観光客のみ。(団体ツアー客には貸し出しできない。)
貸出方法:車舎ツアーデスクにて、パスポートの提示と必要事項を記入。
利用時間:一人1回、1時間以内。
 
nara2

■本取り組みにおけるソフトバンクグループ各社の役割
リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社:情報配信ソリューション提供
ソフトバンクテレコム株式会社:通信インフラ提供
SBクリエイティブ株式会社:企画協力

 
(c)Realize Mobile Communications Corp.

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-新着アプリ