Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

ニュース

うるる、アパレル向け店頭販促用の手書き対応入力システム『KAMIMAGE for FASHION』提供開始。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

主婦の在宅ワーカーを活用したビジネスやBPO事業を展開する株式会社うるる(東京都中央区 代表取締役:星知也、以下「うるる」)は、2015年3月3日よりアパレルの店舗向けに顧客が情報をストレスなく手書きで記入でき、店舗スタッフの負担なくデータ化を行え、かつCRMに活用できる販促用の会員情報登録タブレットシステム「KAMIMAGE for FASHION (カミメージ・フォー・ファッション)」の提供を開始することを発表した。

「KAMIMAGE for FASHION」では、アパレルブランドで共通して必要となる項目を揃えたアパレル向け基本フォームも用意しており、同社は1年目の売上げ目標を7,000万円と見込んでいる。

●「KAMIMAGE for FASHION」について
「KAMIMAGE for FASHION」は、来店した店舗で自由性の高いデザインでブランドの世界観を再現したタブレット上のフォームに必要な氏名や住所、連絡先、アンケートなどをストレスなく手書きで記入するだけで、最短1時間でテキスト化されたデータをダウンロードすることが可能になるシステムである。
※アプリではなく、Webブラウザなので使用するタブレットの種類は不問。

~アパレル現場での課題~
これまでアパレル店舗では、ショップカードに記載されたURLやQRコードにアクセスしWEBから消費者自身が顧客登録を行う形式が多く、登録する際に、iPhoneやAndroid、ガラケーなど消費者保有のツールの多様化により情報登録が複雑化し、登録までの間に離脱してしまっているケースが多くあった。また、レジ前に用意された用紙に情報を記入し、店舗スタッフの空き時間を利用して入力したり、外部委託で入力を依頼しているケースもあり、データ化までの時間短縮が課題となっている。

~同サービスで実現すること~
「KAMIMAGE for FASHION」ではレジ前や梱包待ち時間などにタブレット上に手書きでストレスなく記入できる環境を整えることで、こうした離脱を防ぎ顧客情報の獲得が可能になる。また、顧客情報をより早く入手できることで、迅速にDMや顧客分析に活用することが可能になる。さらに、タブレットに搭載されたカメラの活用により、消費者の購入商品やレシートなどの画像をデータと紐けたり、API提供により自社ECサイトとの顧客情報の共有やCRMとの連携も可能になる。

●解決できるアパレル現場の課題
・パソコンに不慣れな店舗スタッフや顧客に負担の少ないデータ収集管理
・店舗スタッフのデータ入力や管理のための残業負担の軽減
・店舗のバックヤードを圧縮する書類保管のスペースを削減
・紙の登録用紙印刷や、記入済み用紙のデータ化コストの削減
・記入済み用紙のデータ分析・DMなどへの活用までのタイムラグ軽減


 
©2014-2015 URURU Inc.

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-ニュース