Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

新着アプリ

foo.log、プリン体を画像認識技術で手軽に計測できる無料アプリ『プリン体チェッカー』をリリース。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

foo.log株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:小川 誠)は、料理に含まれるプリン体含有量を計測できる無料アプリ「プリン体チェッカー」をリリースしたことを発表した。
同アプリは4月7日に株式会社 明治(東京都江東区、代表取締役社長:川村 和夫)から発売された、プリン体と戦う乳酸菌を使用した「明治プロビオヨーグルトPA-3」から協賛を得ている。

近年、日本古来の野菜中心の食生活から、肉食・脂質系の食生活へ変化してきたとともに、食事から摂取するプリン体総量も増加してきている。しかし、自分が食べている食事にどれくらいのプリン体が含まれているのか、一日でどれくらいのプリン体を食事から摂取しているのかについては、調べる手段が少なく、個人レベルで各料理に含まれているプリン体含有量を調べることは困難であった。
同社は、最近スマートフォンで料理の写真を記録しているユーザーが多い、という事実に目を付け、料理の写真を撮ることで、その料理に含まれるプリン体のおおよその含有量が簡単に判定できれば、食生活の改善に役立つのではないかと考え、同アプリの開発を行った。

【プリン体チェッカーの3つの特徴】
(1)料理の写真から、プリン体含有量を判定
料理の写真を撮る、またはアルバムから料理の写真を選択すると、その料理一人前に含まれるプリン体のおおよその含有量が表示される。
実際の料理とは異なる判定が行われた場合、正しい料理名をアプリ内で検索し、登録することで、アプリ利用ユーザー個別の料理画像がデータベースに蓄積され、次回以降の判定精度が向上していく。

(2)カレンダー機能で日々のプリン体摂取量をチェック
撮った料理写真は、別の食事記録としてカレンダー機能に登録していくことができるので、一日に食べた料理の、おおよその総プリン体含有量もチェックすることができる。

(3)プリン体辞典で、食べる前に料理のプリン体量が調べられる
料理を作る前、食べる前に、その料理に含まれるおおよそのプリン体含有量を調べたい場合には、プリン体辞典機能を使い、料理名を検索することが可能。

 
© 2015 foo.log Inc.

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-新着アプリ