Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

ニュース

ZeppホールネットワークとローソンHMVエンタテイメントとワイドワイヤワークスと相鉄アーバンクリエイツ、世界初の3DCGホログラフィック専用劇場を横浜駅西口に2015年春オープン予定。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

株式会社Zeppホールネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役:妹尾 智)、株式会社ローソンHMVエンタテイメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:坂本 健)、ワイドワイヤワークス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:黒田 貴泰)は、株式会社相鉄アーバンクリエイツ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:千原 広司)と、横浜駅西口に設立する世界初の3DCGホログラフィック専用エンタテイメント劇場(以下「本施設」)を開発するプロジェクトの設立にあたり、実施協定を締結したことを発表した。
 

本施設は最新のサイネージ技術により、2015年時点で世界最高のホログラフィック演出を可能にするステージ機能を備えた、最新鋭のエンタテイメントステージシステムを常設する劇場施設となる。

ステージ企画は、2009年以降世界的に注目を集めている初音ミクのライブコンサート方式を考案しプロデュースしたワイドワイヤワークスと、世界唯一の大型ホログラフィック・ステージ・システム「eyeliner」を用い、アニメ ワンピース をはじめとした様々なコンテンンツのホログラフィック公演を手掛けているstudioTEDが共同で開発を進めている。

本施設では原則として舞台上に生身の人間が登場しない“CG映像のみ”の中長期公演を想定しており、舞台演劇・音楽コンサート・ゲーム・伝統芸能から企業イベントも含めた様々なコンテンツ興行を実施し、国内マーケットのみならず、日本のハイエンドな技術と作品文化の発信・拡散、そしてアジアや欧米を始めとする世界の観光客誘致とインバウンドの促進に寄与する観光施設として、重要な役割を果たすことを目的としている。

敷地内ではシアターの他にコンテンツ連動などを見据えた施設の展開も予定しており、当該施設は2014年10月14日にシアター建設に着工、2015年春のオープンを目標に工事を進めている。今後、実施予定公演やその他詳細情報等は随時発表。

 
© Zepp Hall Network.inc
© UrbanCreates co.,LTD
© 2015 Lawson HMV Entertainment, Inc.
© Wide Wire Works K.K

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-ニュース