Appli Biz-アプリビズ-

アプリビジネス情報メディア/「Appli Biz(アプリビズ)」-BETA-

ニュース

LINE、スタンプ作品の商品化支援・ライツマネジメントを行う『LINE Creators Management』を発表。

FavoriteLoadingお気に入りに登録

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、トップクリエイターのスタンプ作品の商品化・ライツマネジメント支援を行う「LINE Creators Management」を開始することを発表した。また、クリエイターが制作したスタンプの販売・購入を開始した2014年5月8日から2015年5月7日までのサービス公開後1年における販売・利用実績を公開した。

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォームである。クリエイターが制作したスタンプはLINEによる審査を通過後、「LINE ウェブストア」 とLINE内スタンプショップにて販売・購入することができ、スタンプ販売額よりApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いたうちの約50%*1がクリエイターに分配される。
*1:クリエイターは、金額から源泉所得税や振込手数料等を差し引いた金額を受け取ることが可能。なお、クリエイター及び購入者の国により適用される税率が異なる。

2014年5月8日に、審査が完了したスタンプ(クリエイターズスタンプ)の販売・購入を開始以降、2015年5月7日までの約1年間で、登録クリエイター数は世界156ヶ国39万人、販売中のスタンプは10万セットを突破し、クリエイターズスタンプ全体の販売総額は89億4,600万円*2まで拡大している。
*2:販売総額はスタンプのダウンロード数を金額に換算して集計しており、実際の販売額とは差異あり。また、今回の公表数値はコイン単価の算定方法や同社ポリシーによる会計処理により財務諸表の数値とは異なる可能性がある。

スタンプ別の販売状況を見ると、販売金額上位10位の平均販売額が5,050万円を突破、また、複数のスタンプを販売しているクリエイターも多数登場しており、クリエイター別の販売状況を見ると、売上上位10位の平均販売額が1億900万円を記録するなど、1億円の大台を突破するクリエイターも誕生している。なかには、クリエイターズスタンプから誕生したキャラクターがグッズ化・書籍化したり、企業とのコラボレーションを行ったりする事例も生まれ、スタンプを機軸としたクリエイターの創作プラットフォームへと成長している。

「LINE Creators Market」は、スタンプ制作を通して誕生したクリエイターの活躍の幅をさらに拡大すべく、トップクリエイターのスタンプ作品の商品化支援・ライツマネジメントを行う「LINE Creators Management」を開始した。「LINE Creators Management」では、クリエイターと企業、ライセンシーなどを繋ぎ、スタンプキャラクターを用いたタイアップ企画や商品化のほか、商標出願サポート、海賊版対策などの支援を行う。また、株式会社タカラトミーアーツ(代表取締役社長:宇佐美博之/所在地:東京都葛飾区)との提携が決定しているほか、今後も提携企業の拡大を進めていくとしている。

【「LINE Creators Management」概要】
-支援内容
1)企業販促タイアップ
2)LINE CREATORS/ライセンシーによる商品化
3)クリエイターコンサルテーション
4)その他(公式スタンプ化、商標出願サポート、海賊版対策など)

-所属クリエイター選定基準
下記を基に所属クリエイターの選定を行い、LINEからクリエイターへの提案を行う。
1)スタンプの売上や認知度
2)企業PR・商品化に適したクリエイティブ
3)他社とのマネジメント契約のない方

-所属クリエイター ()内は代表スタンプ名 *2015年5月16日時点
・遠藤まめこ(あなたなら使いこなせるわ)
・小嶋わに(アメリカンポップ 関西弁)
・サドルとペダル(OLファイター)
・スタンプ・ポン太郎(ふきだしいぬ)
・ちばしげ(ひみつのスタンプ)
・Chackmo(かまってウサちゃん)
・NIKUQ WORKS(ウサギのウー)
・バカゾクあいこ(おだんごちゃん)
・my(ゆるくま)
・もふ屋(ボンレス犬・猫)
・もももわ~るど(つむりん)

このほか、よりスタンプを制作しやすく、よりスタンプを探しやすくするために新たな取り組みが予定されている。

■「LINE CREATORS」公開
スタンプ投稿サイト「LINE CREATORS」では、スタンプクリエイターが自身のスタンプ(販売開始前のスタンプも可)を投稿し、他ユーザーからの「いいね」によって評価を受けることができるほか、LINEのトーク画面でスタンプを使用した際のシミュレーションをすることが可能となっている。既にテスト公開を開始している。

■スタンプショップリニューアル(予定:5月中)
クリエイターズスタンプをより目立ちやすく、探しやすくするために、LINEアプリ内の「スタンプショップ」のリニューアルが予定されている。メインページとなる“HOME”では、公式スタンプと並列して人気クリエイターズスタンプを紹介するほか、カテゴリ別検索機能を追加し、猫・うさぎ・犬などの動物や男女別のキャラクターなどのカテゴリ別にスタンプを閲覧することが可能となる。

■月間MVP企画(予定:6月上旬に5月分を発表)
数多く存在するスタンプクリエイターの中から、スタークリエイターを発掘することを目的とし、毎月1)ダウンロード数、2)送信率、3)クリエイター別の売上の3つのランキングトップ10を発表、さらに、各ランキング1位のスタンプの中からMVPを決定する月間MVP企画が開始される。MVPに選出されたスタンプには、公式スタンプとしてアニメーションスタンプまたはサウンドスタンプ化する権利が付与される。なお、ランキングおよびMVPの発表は翌月の月初めに公式ブログ「LINE CREATORS MAGAZINE」にて発表される。

■審査期間の短縮(予定:6月中)
LINE Creators Marketでは、多くのクリエイターより要望が多い審査期間の短縮を最優先課題とし、審査スタッフの大幅拡充、審査体制の改善、システム面の改修などの対応を進めている。そして、6月中を目途に、これまで数か月時間を頂いていた審査期間が2週間前後に短縮される予定となる。

 

© LINE Corporation

FavoriteLoadingお気に入りに登録

-ニュース